バルクオム製品

バルクオムのニキビ効果を徹底検証!ニキビ跡が治る方法も大公開

バルクオムのニキビ効果やニキビ跡

ニキビができると、洗顔のときやら髭剃りのときやら、ついニキビの部分に触れるたびにストレスになりますよね。

見た目でもなんとなく、手入れをちゃんとしていないのか?という目で見られるし、清潔感に欠ける印象を与えてしまうんですよね。

早くニキビを解消するために、ひたすら洗顔ばかりしていたりしませんか?

もちろんニキビは清潔にすると治りが早くなりますが、なかなか改善しないのは洗顔料が合っていなかったり、逆に、洗いすぎて、保湿が足りないっていうケースもあるんです。

そんな場合は、洗顔するたびに、どんどんニキビになりやすい肌を作っているので、一向に治りません。

早くニキビを改善したい人は、まず自分の洗顔方法や洗顔料を見直すのが必要だったりします。

まずは、バルクオムの洗顔料の特徴から紹介していくので、いま使っている洗顔料の成分やその仕組みを比較して考えてみるといいですよ。

バルクオムでニキビが治る?!ニキビへの効果

バルクオムの基礎化粧品は洗顔・化粧水・乳液の3ステップが推奨されています。

バルクオムのニキビ効果あるか?インスタ画像

こんな風に肌がつるんとしたい人は早めにニキビ対策含めて肌アゲしていきましょう。

  1. 洗顔:余分な皮脂や汚れを落とし、肌を清潔にする
  2. 化粧水:肌に潤いを与え、過剰な皮脂分泌を抑える
  3. 乳液:化粧水で補った水分が蒸発するのを防ぐ

という働きがあります。

皮脂が過剰に出てニキビとテカりがある人は、実は肌の水分量が足りずにどんどん皮脂が分泌されている可能性があります。

3ステップで肌の水分量を安定させ、改善していきましょう。

BULK HOMME

バルクオムの洗顔のニキビ効果

メンズ用の洗顔とあって、バルクオムの洗顔は洗い上りがかなりさっぱりしています。バルクオムの洗顔の洗浄成分は、皮脂をしっかり落としつつ肌にダメージが少ない「生石けん」が主成分です。

また、優れた皮脂吸着力と肌に潤いを与える効果がある「クレイミネラル」という泥成分も配合。さっぱり洗いあがるのにつっぱらないと好評です。

バルクオムの洗顔は泡立ちが良いのが特徴で、10円玉くらいの量を手に取り専用の泡立てネットで泡立てると手に収まりきらないほどの泡が出来上がります。

泡はかなり固めなので、手が顔に触れない程度の強さで優しく洗い上げることができます。

バルクオムの化粧水のニキビ効果

洗顔で皮脂を落として肌が清潔になったら、化粧水でしっかり保湿しましょう。

洗顔がさっぱりタイプなのに対し、バルクオムの化粧水はしっとり仕上がります。とろみの強いテクスチャーなので、500円玉大の量でモチモチの肌になりますよ。

バルクオム化粧水の保湿力の秘密は「トレハロース」。キノコ類や酵母に含まれる糖類で、水分を保持する働きがとても強い成分です。糖類の中でも酸化しにくいのが特徴で、安全性やアンチエイジング効果があります。

乾燥が気になる人や、逆に脂性肌に悩む人は、水分をしっかり浸透させるために2~3回に分けて付けるとより効果的です。肌表面の角質が柔らかくなることで、ニキビで赤くなった肌の色も落ち着いてくるでしょう。

バルクオムの乳液のニキビ効果

乳液はべたつくので避けている人も多いのではないでしょうか?乾燥肌の人だけでなく、ニキビ肌や脂性肌にこそ乳液は重要で、しっかり浸透させた水分を蒸発させないために付けたほうが良いんです。

バルクオムの乳液は水分の蒸発をしっかり防ぐのに仕上がりがべたつかないさっぱりタイプ。

秘密は人間の皮脂に近い成分である「スクワランオイル」です。肌なじみが良く、こまめに補うことで皮脂量が安定し、肌質が改善する今注目の成分です。

使用量の目安は10円玉大。手のひら全体に乳液を伸ばし、顔を包むようにプレスするとよく馴染んでくれます。乾燥やテカリが気になる部分は重ね付けすると、より肌の変化を感じられるでしょう。

バルクオムのこだわり抜いた代表成分

バルクオムの洗顔・化粧水・乳液で特徴的な成分を紹介してきましたが、そのほかにも3つに共通してニキビに効果的な成分が配合されています。

まずは、抗菌や抗炎症作用でニキビを鎮めてくれる“チャ葉エキス”“セイヨウシロヤナギ樹皮エキス”。

特にセイヨウシロヤナギは古くからニキビの治療薬として使われてきた成分で、古い角質を除去して肌の再生を後押ししてくれる成分です。

他にも

  • リンゴ果実培養細胞エキス
  • ユズ果実エキス

といった、肌表面を整える成分や

  • グリセルグリコシド(日本酒由来)
  • 温泉水(玉造温泉)

といった肌の水分量をぐっとアップさせる成分が3商品に共通して配合されています。

ニキビの原因や繰り返す肌の特徴

バルクオムは3ステップで使う事で肌質が改善することが分かりましたね。

続いては、もう少しニキビのメカニズムについておさらいしておきましょう。

あなたも知らず知らずのうちにニキビができやすい行動をしているかもしれません。

ヒゲソリやシェービング・外部からの刺激

カミソリの刃は?肌を柔らかくしてから髭を剃ると良いなども

ヒゲ剃りやシェービングで肌表面の角質を削りすぎてしまうと赤みや乾燥、過剰な皮脂分泌の原因となってしまいます。

深剃りのためにカミソリを何度も肌に当てている人は要注意。ヒゲ剃りの後は化粧水や乳液で肌を保護しましょう。

また剃る時はカミソリよりも肌の角質を削りにくい電動シェーバーを選ぶか、お風呂上りや蒸しタオルで肌とヒゲを柔らかくしてから剃るのがおすすめです。

ヒゲを抜いている人は、肌に大きなダメージがあるのに加えて毛穴に雑菌が入りやすいので止めましょう。

適度な皮脂や毛穴ケア・角栓など

小鼻や頬の黒ずみが気になる時、毛穴すっきりパックなどで根こそぎケアすると気持ちがいいですね。

しかし、パックやピンセットなどで角栓を頻繁に抜いてしまうとぽっかり空いた毛穴から水分が蒸発して更に皮脂量が増えるという悪循環に。

角栓ケアは月に1回程度にとどめ、角栓を皮膚から取り除いた後はしっかり化粧水と乳液で毛穴を引き締めてあげましょう。日々の保湿を怠らないことで、次第に角栓が目立たない肌に改善します。

ニキビ跡にはビタミンc誘導体

ひどいニキビが治ったと思ったら黒ずみが残ってしまった・・・そんなニキビ跡は皮膚がダメージを受けて色素沈着しているのが原因です。

色素沈着は他の皮膚に比べて「メラニン色素」が皮膚に多い状態なので、メラニン色素の生成を抑える効果や抗炎症作用のあるビタミンC誘導体が含まれた化粧水やニキビケア商品を選ぶと跡が酷くなりにくいです。

ニキビができたら予防に使うと更に効果的です。

他にもメラニン色素の漂白作用のある「ハイドロキノン」や、メラニン色素の生成を抑える効果と今あるニキビの炎症を抑える効果のある「トラネキサム酸」も有効です。

どちらも刺激が強い場合があるので、ニキビが酷い人は皮膚科でドクターズコスメを処方してもらった方が安心です。

バルクオムでニキビ対策する使い方!

上記で紹介したニキビ対策に特化した成分は配合されていないバルクオムですが、

  • 余分な皮脂だけをすっきり洗い流してくれる
  • 優れた保湿効果
  • 角質ケアができ、肌のターンオーバーを正常にする
  • 抗菌、抗炎症作用のある成分が配合されている

以上のような特徴からニキビ対策にも使うことができます。

ニキビ対策にバルクオムを使う時も「洗顔→化粧水→乳液」の3ステップを踏みましょう。しっかり有効成分が働き、肌質そのものが改善します。

ニキビで炎症が酷いときは、肌に刺激を与えないように心がけます。

洗顔は手が触れない程度の圧力で“泡洗い”を、化粧水や乳液を付ける時は擦らず、何度かに分けて付けましょう。手のひら全体に伸ばしてから顔を包むようプレスするのがおすすめです。

バルクオムは思春期のニキビに使える?

中高生~20歳前後の人が悩まされる思春期ニキビ。成長期に男性ホルモンが増えることで皮脂が過剰に分泌され、毛穴が詰まりやすくなったり炎症を起こしやすくなったりするのが原因です。

そんな思春期ニキビにバルクオムは効果があるのでしょうか?思春期ニキビの特徴とともに見ていきましょう。

思春期のニキビの特徴

フェイスラインやおでこにできやすい大人ニキビと異なり、思春期ニキビは「Tゾーン」「ほほ」にたくさんできる傾向にあります。

できたニキビは赤く炎症を起こしやすかったり膿みやすかったりするのですぐに治したいところ。

ニキビをできにくくする対策としては

  • こまめな洗顔
  • 洗顔後の保湿
  • 日焼けや乾燥など、肌の刺激になる事を避ける
  • 生活リズムを整え、ホルモンバランスを安定させる
  • 顔に触れる手、髪、服などを清潔に保つ

などが挙げられます。バルクオムの基礎化粧品は優れた抗菌・抗炎症作用で皮膚を清潔に保てるほか、高い保湿力で肌本来の力を引き出すことができるので思春期ニキビもできにくくなるでしょう。

ニキビ跡になる前に対策が必要

酷い炎症を起こしたり膿みやすい思春期ニキビは、こじらせてしまうとすぐニキビ跡になってしまいます。

治りが悪い時や数が多い場合は、病院で治療してもらうのがベストです。治療は様々ですが、適切に潰して消毒したり抗生物質を処方してもらったりします。

ただし病院の治療だけではニキビ跡になってしまうことがあるので、普段からニキビ跡を防ぐ対策をしておくことが大切。

  • こまめな保湿で肌表面をふっくらさせておき、摩擦や刺激を軽減させる
  • 同じ場所のニキビ再発を防ぐために、肌を清潔な状態に保っておく

などの対策を取りましょう。

抗菌作用と保湿に優れたバルクオムなら、普段のスキンケアで自然とニキビ跡ができにくい肌質に改善できます。

バルクオムを使ったニキビがある人の口コミ

それでは、ニキビ改善のためにバルクオムを使った人の口コミを見ていきましょう!

ニキビ対策に使い始めた人も、思わぬ効果が実感できることも。あなたのニキビタイプや肌質に近い人の口コミを探してみてください。

バルクオムの良い口コミ:ニキビが治った

まずはバルクオムで「ニキビが治った」「ニキビができにくくなった」という口コミを抜粋します。

【洗顔+化粧水+乳液】洗ったあとのしっとりとさっぱりのバランスが丁度良くて感動しました!

正直ニキビは睡眠と食生活がすべてだと思うので、洗顔ではそこまで変わらないと思います!でも確実に肌のキメやニキビ跡や、乾燥肌はよくなると思います!

参考:Amazon

【洗顔のみ】使い続けて半年くらい経ちましたがニキビや吹き出物などはかなりできにくくなりました。

参考:Amazon

【洗顔のみ】敏感肌でもヒリヒリすることなくとても良いので何度も購入しています
洗い上がりもサッパリしていてニキビもだいぶ減ってきました

参考:Amazon

さっぱりしてるのに潤う。男性が嫌うベタつきが一切ない。使えば使うほど肌のもっちりさが出てきて、ニキビが減った。

参考:Amazon

中には1週間程度で効果を感じられた人もいましたが、バルクオムでニキビに効果があった!という人の多くが、1ヶ月~半年とじっくり使い続けていました。

肌の生まれ変わるサイクルである1ヵ月間じっくり使用して肌質が改善したんですね。

バルクオムの悪い口コミ:効果なし

【洗顔+化粧水+乳液】ニキビ、テカリが気になり購入しました。商品到着後2週間ちょっと経ちますが、1日2回の使用で、もう洗顔が無くなりそう。テカリは押さえられていますが、ニキビは大して変化なし。

参考:Amazon

【洗顔+化粧水+乳液】脂性肌で皮脂・角質が多めのせいか、ぬった化粧水がなかなか浸透しなかったり、むしろ毛穴に皮脂を詰まらせてしまったのかニキビができてしまったり…
髭剃りもそんなにせず、顎まわりが乾燥していないせいもあるかもですが、顔全体がさらに脂っぽくなってしまい、使用をやめました。

参考:Amazon

【洗顔のみ】乾燥肌の自分には合わなかった。泡質と匂いは好みでしたが、つっぱり感がかなりありニキビが出来てしまった。

参考:Amazon

脂性肌の人、ひどい乾燥肌の人は口コミの評価が分かれています。

特に長年脂性肌に悩まされている人は、角質が分厚くなって肌質が改善されるまでに時間がかかる傾向にあり、効果を実感しづらいようでした。

また、洗顔のみ試した人はその後の保湿が不十分でかえって皮脂量が増えてしまい、ニキビができやすくなったという意見もありました。

バルクオムの洗顔料はしっかり皮脂を落としてくれるので、同じくバルクオムの化粧水・乳液やしっとり感の強い化粧水で保湿しましょう。

バルクオムとビーグレンはどっちがニキビケアできる?

大人ニキビに効果が高いと評判の「ビーグレン」。洗顔、化粧水、美容液、乳液の4ステップでニキビを改善してくれます。

特に美容液(Cセラム)は、高濃度ビタミンCが配合されていて、美白効果やニキビ跡の緩和に効果的です。

そんなビーグレンとバルクオム、あなたのニキビにはどちらがおすすめか調べてみました。

ニキビ対策

ビーグレンとバルクオム、どちらも男女兼用の化粧品ですが、ビーグレンは女性寄りでバルクオムは男性寄りに開発されています。

  • 皮脂量が多め
  • 肌の“キメ”や“がさつき”が気になる
  • 洗顔した後のさっぱり感が好き

という人はメンズ化粧品であるバルクオムで普段からニキビをできにくくしておくのがおすすめです。

保湿力はどちらも大きな差はありませんが、洗顔料の洗い上りに大きな差があります。さっぱりが好みな人はバルクオム、しっとりが好みの人はビーグレンをチョイスすると良いでしょう。

ニキビ跡対策

出来てしまったニキビ跡には高濃度ビタミンCが配合されたビーグレンの美容液「Cセラム」がおすすめです。

できてしまったニキビ跡を薄くする効果や、今あるニキビをキレイに治す効果があります。

また、石鹸や市販の洗顔料で洗顔後に肌がつっぱる人は皮脂を落としすぎているので、しっとりした洗い上りであるビーグレンの洗顔料を使うのもおすすめ。

肌のバリア機能を守って、摩擦に強い肌を目指しましょう。

カテゴリー