バルクオム製品

バルクオムのスターターキットは終了!今から買うならどっちのセットがお得?

初期のスターターキットは販売終了

バルクオムスターターキット

バルクオム2015年から販売が始まっていて、当初からスタートしていたのが「THE STARTER KIT(ザ スターターキット)」です。

洗顔+化粧水+乳液の小ボトルがセットされていて、朝晩使用で7日間使えるサイズになっていたので、お試しに使ったり、小旅行にも便利だったのですが、2019年3月に販売終了しました。

バルクオム スターターキットはamazonや楽天にあるか

検索すると楽天にも一見ありそうなのですが、実際に販売されているのはスターターキットとして2ステップコースや3ステップコースが販売されています。

しかし、amazonにはありました。

スターターキット

でも、値段が3500円なので、コスパ的に悪いですね。

これなら2ステップコースを選んだほうが量も多いし、お得感が大きいです。トラベル用には、100円均一でミニボトルの容器を買って利用したほうがいいですよ。

2つのコースから選べるスターターキット

バルクオムは既にリピーターもたくさんいるので、お試しセットは来年になったら、また出るかもしれません。

これから買うなら、今販売されている2コースがメインなので、どちらかのコースを選んで始めましょう。

500円(税別)の2ステップコース

バルクオム2ステップコース
2ステップコース初回500円:洗顔+化粧水+泡立てネット
通常価格5600円のセットが500円でスタートできるのでかなりお得で一番人気です!

ただ、2か月目以降は毎月4500円かかるのと、定期コースの特典としての割引なので、2回以上は継続してからでないと通常の解約ができません。

2380円(税別)の3ステップコース

バルクオム3ステップコース
3ステップコース初回2380円:洗顔+化粧水+乳液+泡立てネット+専用容器

通常価格9500円のセットが2380円でスタートできるのでこちらもかなりお得ですが、2ステップコースのが人気ですね。

ただ、肌ダメージがなぜ起こってしまうかを考えると、はじめから乳液のセットで始めたほうが効果を早く実感できるので、早くニキビ肌やテカリ肌など肌ダメージを改善したい人は3ステップコースで始めるのがいいですよ。

バルクオム公式HP3STEPコースは標準価格9500円⇒初回限定2380円
↑初回限定数のみの特別企画!↑

バルクオムをなんとしても安く使いたい人

バルクオムのスターターキットがなくなったので、お試し的に使いたい人はちょっと安く始めるコース、というのがなくなったので、何としても探したいところですね。

1回目の商品受取で解約をすれば手数料3000円かかりますが、やめることができます。

バルクオムの解約方法
バルクオムの解約!申込する前に知っておくべき条件・注意ポイント バルクオムは定期購入のコースがすごく安いので契約する人は多いでしょう。しかし、肌に合わなかったり、など途中で解約したいと思ったときに...

メルカリで買う

バルクオムは、メルカリでチェックしてみると、たまに1品で2000円前後で出てくるのはあります。

バルクオム メルカリ

しかし、洗顔+化粧水+乳液のセットだとどうしても6000円前後かかってきちゃいますね。

これなら、3ステップコースで2回分の注文したほうがお得感がありそうですが、根性で少しでも安く買うぞという人は執念深くメルカリで探しているとでてきますよ。

一応、バルクオムの定期購入には、解約に関する縛りが少しあるので、どっちが得なのかチェックしておきましょうね。

2回までの継続利用すればOK

バルクオムは2ステップコースも3ステップコースも1回でコースを解約すると手数料がかかってしまいます。

なかには、手数料を払ってもいいから1回でやめたいという人もいるのでどっちがお得なのか計算してみました。

2ステップコースと3ステップコースの途中解約

2ステップコース3ステップコース
1回目で解約500円+キャンセル料3000円2380円+キャンセル料3000円
2回目で解約500円+4500円2380円+7200円

 
バルクオムを試して、満足しないようなら、1回目で解約が気軽にできます。ただ、2回目の商品を発送する前に解約の電話連絡をしないといけません。

土日祝日をはさむと遅れちゃうので、このタイミングに合わせて都合がつけられるかどうか?についてもちょっと面倒に思うかもしれませんね。

2回目以降も継続して使っている人がたくさんいるので、はじめから解約するのを考えずに、まずは3か月使い続けてから効果を感じてみるのがいいですよ。

バルクオム 乳液

バルクオムをこれから買おうかと検討している人には、僕個人的には乳液も合わせて使ったほうがいいので、他のメーカーで持っていない人ははじめからバルクオムの3ステップコースを選ぶのがおすすめです。

乳液を使う目的・メリット

化粧品には種類ごとに役割があります。乳液の主な役割としての効果は次の通りです。

  1. 化粧水の潤いを肌に閉じ込める蓋の役目
  2. 必要な油分を与え過剰な皮脂の分泌を抑える
  3. 美容液のような美容成分を肌へ送る役割もあり

せっかく化粧水でうるおいを与えても、放っておくと水分がどんどん蒸発していきます。

季節によっては化粧水をつける前より乾燥する場合もあるため、乳液は必ず使うようにしたほうがいいです。

特に、バルクオムの乳液は7種類の潤い成分が含まれ、肌の奥に成分を届ける役割もあります。

バルクオムの化粧水がとろみはあるものの、乳液なしで使っていいと決められているオールインワンのようなものではないので、できるだけ乳液を使うようにしましょう。

乳液を使わないデメリットは?

男性用の化粧品は、アフターシェーブローションなどのように1本で完結するタイプが主流です。

それだけだと冬など空気が乾燥する時期は口周りが粉をふく、肌が痛くなるなどの症状がでやすいデメリットもあります。

男性の肌は皮脂がでやすいから乳液が必要ないという人もいますが実はどうなのでしょうか?

乳液を使わないリスクとは

皮脂が多い肌の特徴として、実は肌の深層部では、水分が足りていないということがあります。

水分が足らないために余計に皮脂を出して肌表面の保護をし、外敵から守ろうとしているといった肌構造になっているため、保湿をしっかりとしないと一向に激しい皮脂の分泌が止まりません。

洗顔後にかかならず化粧水で整えて乳液で保護をし肌表面を守ってあげましょう。

きちんとした肌ケアを継続すると、必ず正しい肌のターンオーバーに戻ってくるので皮脂分泌も落ち着いてきます。

はじめは、べたべたして気持ち悪いと感じるかもしれませんが、しっかりと洗顔+化粧水をして乳液でフタをするようにしていくと数日で肌の調子が変わることがわかってきます。

もともと、顔全体がオイリー肌の人なら乳液がなくても大丈夫ですが、ほとんどの人が顔の部分によっては乾燥肌であり、混合肌のケースが多いです。

少量でいいので乳液も使うのをおすすめします。バルクオムの乳液でなくてもいいので、肌に浸透しやすい乳液を合わせて使うようにしましょう。

BULK HOMME THE TONER(バルクオムの乳液)を使った人の評価

実際にバルクオムの乳液を使っている男性の意見をチェックしましょう。特に乾燥肌の人の意見は参考になります。

バルクオムの乳液に満足している人の評価

バルクオムの洗顔と化粧水のいい口コミは見かけるけど、個人的には乳液が優秀です!べたつかないのに保湿はしっかりとできる。もっと評価されるべき。

乾燥肌やカミソリ負けに悩む男性からバルクオムの乳液について高評価な口コミが多く見つかりました。

バルクオムがイマイチだったという評価

乳液だから仕方がないがベタツキ感が気になる。でも潤いを与える効果は実感できた。肌の乾燥が強い人は使ってみるべき。

バルクオムの乳液でベタツキ感が気になるという人もいましたが、僕はそうは思いませんでした。

化粧水のあとに使うとすーーと肌にはいっていくので、べたべたするというより、肌が吸い付く感じになります。

保湿効果については定評通り、僕も気に入っています。もっちりしますね。乳液を持っていない人ははじめから3ステップコースがいいと思いますよ。

バルクオムの口コミや効果が嘘なのか評判を検証!

カテゴリー